<麻布便り> 女性建築家のくらし

atsousou.exblog.jp ブログトップ

おひなさま・・・パート1

朝から息子を実家に預けて、広尾にあるお客様のご自宅にてお打ち合わせ。
Mさまは既にお子様達が独立されているので、お二人の暮らしのためにリフォームするというご依頼。
とても素敵なご夫妻で、こんな風に歳を重ねてゆけれたら、と思わずにはいられません。
調度品や家具にもこだわられていて、ご注文されてようやく届いたというイタリア製の鏡台は、
ため息がでるほどの逸品でした。

その後、お迎えのため久しぶりに実家へ行って、お雛様とご対面。

実家にあるお雛様は、とてもシンプルなものばかり。
母の、私の、妹のとそれぞれあるので、合計3セット。

こちらは私のお雛様。39年前に祖母がプレゼントしてくれたもの。
木目込みの立雛です。お顔以外は桐でつくられているので、とても軽いのです。
お着物部分は、下地の木に切り込みを入れて、生地をはめこむようにつくられています。
ふっくらしたお顔がなんとも温かみがあって、ながめているとほっとします。

小さいころは、何段もある大きなお雛様に憧れましたが、今はこのお雛様が大好きです。
沢山は持たない主義なので、ひとつひとつ吟味して、大切なものだけに囲まれて暮らしたい。
・・・先日のライフオーガナイザー講座を受けて、しみじみ思ったのでした。

息子がもう少し大きくなったら、このお雛様も自宅に連れて帰るつもりです。
すっかり日が暮れてから撮ったので、こんな雰囲気になってしまいました。

e0179493_4545269.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-02-15 05:05 | くらし
line

はじめまして、naokoです。  夫婦で建築家、こどもひとり。 仕事と子育てと日々のこと。


by at-sou2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite