<麻布便り> 女性建築家のくらし

atsousou.exblog.jp ブログトップ

手塩にかけて。

ひさしぶりに実家に帰り、息子と一緒に近所をお散歩。

ちらほらと工事中の看板が。
お気に入りだった素敵なお庭のある古いお家も取り壊されて、
ハウスメーカーにより建設予定になっていました。
敷地をわけられたので、お庭も既に跡形もなく土だけになってしまっていました。
本当に素敵なお庭だったんです。イングリッシュガーデンというのでしょうか。
整然というより自然な雰囲気で、多くのバラが花を咲かせていたことが思い出されます。
ちょっと切なくなりました。そこが建築にかかわる者としてのジレンマでもあります。

自由が丘という土地柄もあり、こだわりのお庭やお家も多く、楽しませて頂いたり、
新たな発見になったりと、お散歩するとちょっとした刺激になります。

うつくしいお花やお庭も手塩にかけて、丁寧に育まれているんですよね。
大切にされると輝くのは、花も人も、建物も同じだな〜と思います。
自分のことも大事にしたいですよね。
女性は何かと自分を後回しにしてしまうそうなので。

e0179493_731365.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-03-31 06:24 | くらし
line

はじめまして、naokoです。  夫婦で建築家、こどもひとり。 仕事と子育てと日々のこと。


by at-sou2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite