<麻布便り> 女性建築家のくらし

atsousou.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:くらし( 46 )

いつものバカンス!

夏の間に、かならず一度は訪れるおじとおばの家。逗子にあります。

今年は、私のいとこ家族が滞在している日に遊びに行ったので、総勢9名。
姪っ子ちゃんや甥っ子くんが息子と遊んでくれたので、
安心して私も主人もお庭を眺めながら爆睡。至福の時でした(笑)

子供達がビニールプールで遊んだあと、夕方からはパラソルやテーブルを出して、
バーベキューを楽しみました。

私が子供の頃にも、毎年こうやって、みんなで集まってバーベキューパーティーを
ひらいてくれたおじとおば。

30年たって、いとこや私が自分たちの子供と一緒にこんな風に集まるなんて、
夢にも思っていませんでした。不思議です。

ほんのりと懐かしい気持ちになる楽しい夏の日でした。

e0179493_22244665.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-08-23 22:26 | くらし

麻布十番祭り!のご案内。

いよいよ、今週末です! 恒例の「麻布十番祭り!」 20日(金)〜22日(日)です。

毎年沢山の人で街が埋め尽くされます。
いつものスーパーへのお買い物は3時までに済ませておかないと、
徒歩10分が30分になりかねません。大変なんですよ〜でもそれも夏の風物詩です。

麻布好きな方が中心となって結成されている「麻布会」

「麻布十番祭でわ〜い♪」というイベントを企画しています。

お得な特典や、Twitterによる十番についてのつぶやきなど、情報が盛りだくさんなので、
お祭りにいらっしゃる方は参考にしてみて下さい。

私も麻布十番好きなので、ぜひこの企画を応援したいと思っています。

ちなみに、今年のお祭りは残念ながら、「国際バザール」は中止です。
一の橋交差点、交番の裏にある広場が工事中なので。

お祭りのおすすめとしては、各お店が出されているオリジナルの出店です。
こだわりの美味しいものが色々あります。
店先や屋台の看板をチェックしてみて下さいね。

また、お子様連れの方々は、バギーではなく、抱っこひもやビヨルンなどで
移動されることをおすすめしまーす。

e0179493_21535766.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-08-18 21:55 | くらし

東京湾大華火祭!

今年もMさまのご自宅で、東京湾の花火大会を観覧させて頂きました。
Mさまとは、4年前にマンションのモデルルーム同行からおつきあいがはじまり、
リフォームをお手伝いさせて頂いたのがご縁です。

東京湾に面した超高層タワーの44F!
リビングは足元まで透明のガラス張り、、、花火はちょうど目線か、もしくは眼下に。
広いバルコニーにも観覧用のチェアをご用意頂きましたので、音と光を堪能できました。

総勢20名ほどのパーティーでは、Mさまのおもてなし料理が盛りだくさん☆
花火も楽しみなのですが、食いしん坊の私としては、こちらもワクワク!
しかも本当に美味しくて、花火が終わってからいつまでも食べ続けていました(笑)

楽しいみなさまと素敵なお料理、感動の花火、、、この夏一番のイベントとなりました。

Mさま、本当にありがとうございました♡

息子のシルエットと花火。。。です。

e0179493_054957.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-08-16 00:56 | くらし

ちょっとでも涼しく〜!

猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
熱中症には、気をつけて下さいね。
思った以上に汗をかいているので、水分補給が大切だそうです。

先日、散歩がてら訪れた六本木ヒルズで沢山の水槽が展示してありました。
見ているだけで涼しい気分になりました。

去年までのスカイアクアリウムは人気でしたね。

今年は恐竜展!これもまた人気! 〜9/26までです。

e0179493_8172269.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-08-05 08:18 | くらし

暑中お見舞い申し上げます。

いよいよ夏休みですね。

熱中症にはお気をつけて! 夏を堪能して下さいね。

今年も特別夏休みはないまま、仕事になる予定。
5年後には、バカンスを1ヶ月以上とるのが夢です(笑)

先日、久しぶりに江の電にのって、七里ケ浜に行ってきました。
3歳の息子にとっては、江の電が目的! 帰りはロマンスカーMSE!

かんかん照りでもなく、ほんの薄曇りだったお陰で、とても過ごしやすい1日でした。
由比ケ浜や江ノ島は混んでいたみたいですが、
七里ケ浜の海岸は、案外すいていて、のんびりできました。
海水浴場ではないので、海の家もないけれど、有料のトイレとシャワーがありました。
サーファーの方が中心の海岸なのかな?
泳いでいる人もいましたけれどね。わたしたちは見ているだけ〜(笑)

ただただ、海を眺めているだけで、じわーっと幸せな気持ちに。
自分がちっぽけだと思えて、なんだかほっとしました。地球を感じることって大切ですね。

もうひとつのブログはこちら。

e0179493_20194661.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-08-02 20:22 | くらし

青の人

小学生だったか、中学生だったか、そのころから青のガラスが好きでした。

随分コレクションして、窓辺に飾っていたのを思い出します。
当時のお友達からも「青いイメージだよね」と言われて、青いものをプレゼントされたり。

空の青、海の青も好きなので、ギリシャのミコノス島の白さと青さにも魅かれます。
まだ、行ったことはありませんけれど、、、いつかゆっくりと行くつもり。

ガラスの青は、どちらかというとコバルトブルーに近いのかな。

フランスでは、パリに住んでいるおばがシャルトル大聖堂へ連れて行ってくれました。
ここは、別名「青の教会」と呼ばれていると聞きました。

壮大なステンドグラス。光を透過した青いステンドグラスは息をのむほど、荘厳でした。

今でも、もちろん、青が好きです。
大人になったので、白やベージュなど様々な色も好きになり、
昔ほど情熱的に青!だけではなくなりましたけれどね。

これは、実家から掘り出してきたコレクションのガラスたち。
ときどき陽にかざしてあげないと、、、やっぱり、青を透過した光は、清々しいですね。

e0179493_858748.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-07-18 08:59 | くらし

STORY 7月号!

今月の「STORY」に、
ライターをしているお友達のAちゃんの取材した記事が掲載されています!

是非是非、ご覧になってみて下さい。

「私の服にはSTORYがある」p.141〜 です。

立ち読みするには、全6ページと少々長い掲載なので、
購入してじっくり読んでほしいな〜(笑)

Aちゃん自身、2歳の男の子のママであり仕事と子育てを両立しています。
そんな彼女だからこその、優しい目線で取材している様子が伝わってきます。

私の尊敬するお友達のひとりであるAちゃんは、
お料理、お菓子作り、編み物、洋裁も得意!
書道の腕前もすばらしく、クラリネットもこなし、、、
何でも知っていて、、、私にとってのスーパーウーマン(笑)

そして、何よりも思いやりがあり、人一倍気遣いのできる女性。

そんな風に私もなりたいっ!

とにもかくにも、彼女の言葉が好きなので、たくさんの方に読んでもらいたいな。

e0179493_20355962.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-06-03 20:40 | くらし

FAIRTRADE SHOPPING!

大変お世話になっている麻布十番にお住まいのwerbartonさんがあつかわれている

オーガニック&ハンドメイドのソープとボディケアです。

勉強にと、写真を撮らせて頂きました!
こちらは、オーガニックボディ&バスオイルです。
それぞれの香りやイメージに合わせた色ガラスのボトルもきれいでしょ。
使った後にも捨てられなさそう、、、。

ショップ「FAIRTRADE SHOPPING」は、こちら。

私は、ここのリップバームもお気に入り。

e0179493_229949.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-05-31 22:16 | くらし

しろつめくさ、、、。

GWはじめての休日でした。

息子には連休を堪能させてあげられませんが、友人宅へ集まりみんなで公園へ。

小高い丘だけのシンプルな広場ですが、びっしりと敷き詰められたクローバー
たくさんのしろつめくさに癒されました。
小さいころこんな冠つくりましたよね。懐かしいでしょ。

子供たちが走る姿をながめていると、
元気にここまで育ってくれて、感謝の気持ちでいっぱいになります。
時間的な余裕はほとんどありませんが、教えてもらうことは数知れず。
人として成長するための後押しをしてもらっている気がします。

今日はこどもの日。

天に感謝の気持ちを。サポートしてくれる方々、見守って下さる方々にも。
本当に子育てはひとりではできません。
子供たちはお父さんお母さんだけではない、
温かいたくさんの手に支えられているんだなと思います。

みんなに感謝!

e0179493_6384619.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-05-05 06:39 | くらし

手塩にかけて。

ひさしぶりに実家に帰り、息子と一緒に近所をお散歩。

ちらほらと工事中の看板が。
お気に入りだった素敵なお庭のある古いお家も取り壊されて、
ハウスメーカーにより建設予定になっていました。
敷地をわけられたので、お庭も既に跡形もなく土だけになってしまっていました。
本当に素敵なお庭だったんです。イングリッシュガーデンというのでしょうか。
整然というより自然な雰囲気で、多くのバラが花を咲かせていたことが思い出されます。
ちょっと切なくなりました。そこが建築にかかわる者としてのジレンマでもあります。

自由が丘という土地柄もあり、こだわりのお庭やお家も多く、楽しませて頂いたり、
新たな発見になったりと、お散歩するとちょっとした刺激になります。

うつくしいお花やお庭も手塩にかけて、丁寧に育まれているんですよね。
大切にされると輝くのは、花も人も、建物も同じだな〜と思います。
自分のことも大事にしたいですよね。
女性は何かと自分を後回しにしてしまうそうなので。

e0179493_731365.jpg
[PR]
by at-sou2 | 2010-03-31 06:24 | くらし
line

はじめまして、naokoです。  夫婦で建築家、こどもひとり。 仕事と子育てと日々のこと。


by at-sou2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite